クラミジア(クラミジアトラコマティス)とぶつぶつ

日本では、性感染症にかかる人が増えています。
特に、若い人の間で、性感染症患者の増加が顕著です。
性感染症の中で、感染者が非常に多いのが、性器クラミジア感染症です。
性器クラミジア感染症は、クラミジアトラコマティスという病原体が原因となって起こります。
性器クラミジア感染症は、感染しても自覚症状がない人が多いため、知らないうちに他人に感染しているケースも少なくないのです。
男性の場合、尿道に感染することが多く、尿道から分泌物が出たり、痛みや熱が出ることもあります。
感染して放置したままだと、前立腺炎になることもあるので、注意が必要です。
女性では、子宮の入り口の子宮頚管へ感染して、子宮頚管炎を起こすことがあります。
おりものが増加したり、下腹部に痛みを感じたり、不正出血の症状が出ることがあり、女性の場合は、放置すると不妊症の原因ともなるので注意が必要です。
最近では、オーラルセックスによる咽頭のクラミジア感染も増えており、咽頭炎や、慢性の扁桃腺炎になる人も増えています。
クラミジアの治療は、抗生剤での治療が一般的です。
性器クラミジア感染症は、パートナーも感染しているケースが非常に多いので、パートナーも一緒に検査を受けた方がいいです。
クラミジア抗原の検出により、性器クラミジア感染症だと診断されたら、できるだけ早く治療を受けることが大事です。
性器クラミジア感染症と同じように、患者数が増えているのが、尖圭コンジローマという性感染症です。
尖圭コンジローマは、イボ状のぶつぶつができます。
最初は、小さいぶつぶつが少しある状態でも、放置すると、ぶつぶつの範囲が広がったり、イボが大きくなったりするので気を付ける必要があります。