クラミジアによる発熱、10代女性の感染は要注意

クラミジア感染症は、性感染症(STD)のひとつで、性交渉や性的な接触で感染します。
日本で一番多い性感染症と言われています。
10代後半から20代前半の女性の感染が非常に高く、感染者は100万人とも言われています。
感染者が増える原因は、クラミジアに感染している自覚の少なさです。
性器クラミジアの潜伏期間は約1週間から3週間で、その後、女性の場合はおりものの増加や、白っぽい塊が出るといった変化、下腹部痛、かゆみなどが見られますが、あまりはっきりとした症状でもないため、体調が悪い程度に捉えられてしまうのが要因です。
男性の場合は、排尿時の痛み、膿が出るなどがあげられますが、10代では、病院へ行くのが恥ずかしいといった理由でそのまま放置してしまうケースもあり、感染の被害を拡大してしまうのです。
女性が性器クラミジアに感染し放置すると子宮や卵巣にまでその影響が現れて、不妊になることもあります。
10代で感染しているのに気づかず20代で結婚して妊娠を望んでからでは遅いかもしれません。
性交渉を経験している10代女性は、定期的に検査を受けることをおすすめします。
また、クラミジアは性器だけではなく、喉に感染するケースもあります。
喉に感染すると、喉の痛み、発熱、体のだるさといった風邪に似た症状が現れます。
風邪だと思って内科にかかり風邪薬を服用しているのに発熱が続く、喉の痛みが取れないなどの不快な症状があるようなら、性感染症を疑って検査を受けてみて下さい。
放置をしていると扁桃腺にまで影響が出てしまいます。
性交渉を経験している人で、発熱や体のだるさ、分泌物の異常を感じたら、自分とパートナーのために、恥ずかしいなどと思わずに病院へ行って下さい。