クラミジアとエイズと乳房の関係

直接的に乳房にエイズやクラミジアが関係するということが少ないです。ただエイズを発症する前にHIVに感染した場合、授乳時に赤ちゃんに感染させてしまうことがあります。よって乳房から感染するケースがあると考えてください。念のために妊娠を考えている場合は、クラミジアやエイズ等の性病検査を受けることをおすすめします。

乳房が直接的に感染するわけではありませんが、性行為によってするのが性病です。性器の粘膜が擦れることで感染します。また最近はオーラルセックスがカップル間の性行為で普通になっていますので、咽頭にも感染するケースがあります。以前は風俗で働く女性が主でしたが、一般の方であってもクラミジアや淋病が咽頭に感染することがあることを知っておきましょう。決して性病は、性器だけの感染ではありません。

またクラミジアや淋病といった比較的罹りやすい性病に罹っていると、エイズを発症するHIVや梅毒、B型肝炎に感染しやすくなります。これは性器にできものができた場合も同じになり、そこから菌が侵入しやすくなっていますので、注意が必要です。また性病自体自覚症状が少ないことがあります。特にクラミジアは自覚症状が少なく、知らぬ間にいろんな人に感染させてしまったということが多いです。また自覚症状がないからそのままにしておいて、不妊の原因になったという女性もいます。心当たりがある場合は、自覚症状がないとしても検査を受ける気持ちが大切です。

ひとつの性病で、不特定多数のコンドームを使わないリスキーな性行為をしてしまうと、様々な性病に感染することがあります。パートナーを絞って、そしてコンドームを着用して性病に罹らないセーフティーな性行為を行うことが大切です。